TOPお客さまへ ≫ 水漏れ・修繕負担区分
 水漏れを見つけた時は?
道路から水が流れている場合
   地下に埋設の 水道管 (配水管)が破損している可能性があります。
 漏水の場合は、職員が現地の状況を確認した後に修繕を行います。道路から水が流れているところを発見された方は、下記までご連絡をお願いします。
 
工務課 293−7711(休日・時間外 293−7714)
 
給水装置修繕負担区分
【 給水装置とは 】
 道路(公道部分)に埋設してある 配水管(企業団所有)から分岐して、個人敷地内に設置の水道メーターを通り、宅内の蛇口までの給水管をいい、この給水装置は、お客様所有の財産となります。
  「大津菊陽水道企業団給水装置漏水修繕取扱要綱」に基づき、配水管からメーター器までの自然漏水については、お客様からの申請により企業団負担にて修繕いたします。
  メーター器より先から蛇口までの修繕は、お客様のご負担になります。
 
※ メーター器については、企業団からの貸与となります。
※ 給水装置の修繕負担区分は、下図のようになっております。
※ 詳しくは、工務課 給水係まで お問い合わせください。
 
 負担区分のイメージ
 
 
 個人負担による修理の時は
 漏水の内容によっては、「水道料金の減免措置制度」が適用される場合があります。料金減免申請には、修繕を行った水道業者の証明が必要となります。
 詳しくは、下記へお問い合わせください。